生前贈与の相談と申告

生前贈与のご相談や申告お任せ下さい

贈与のご相談と贈与税の申告に関する業務です。

 

贈与とは、ある個人が他の個人に対して、無償で自己の財産を譲り渡す意思表示をし、他の個人はこれを受け取る意思表示をすることによって成立する契約行為です。

 

契約の履行がなされたとき、すなわち実際に財産が移転されたときに、受けとった個人は、無償で一定の価値のある財産を得たことになります。

 

受け取った個人は、原則として贈与税の申告と納税をしなければなりません。

 

提供するサービス

当事務所では次のような贈与のご相談と申告に対応しています。

 

暦年課税(れきねんかぜい)

  • 現預金や不動産の贈与

  • 債務の免除など、実質的な経済的利益の贈与

  • 婚姻20年以上の夫婦間の居住用不動産の贈与

  • 親から子への住宅取得資金の贈与(年齢要件あり)

  • 祖父母から孫への住宅取得資金の贈与(同)

  •  

相続時精算課税(そうぞくじせいさんかぜい)

  • ① 親から子への現預金や不動産の贈与(年齢要件あり)

  • ② 親から子への住宅取得資金の贈与(同)

  • ③ 祖父母から孫への現預金や不動産の贈与(同)

  • ④ 祖父母から孫への住宅取得資金の贈与(同)

  •  

その他 特殊な贈与

  • ① 死因贈与(しいんぞうよ。相続税の課税対象となります)

  • ② 遺贈(いぞう。同)

 

詳しくは当事務所の相続専門サイト『贈与税の申告』をご覧ください。

 

贈与税の申告報酬表はこちらになります>>

Page
top